『お試し読み』人をダメにするちょいブスをお試し読みを読んだのでネタバレします!

人をダメにするちょいブスの「無料ネタバレ」

拘束された主人公は、抵抗するすべさえも失っていた。

「も、やめ……、嫌、……っ」

泣きじゃくるのにも頓着せず、腰を掴んで容赦なく打ち付けた。

欲望のまま奥を突き、精を放つ。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画のネタバレとあらすじ

友達の同僚との合コン友達が職場の人と合コンしようとお誘いがあったので参加することにしました。

 

 

私は学生だったし、相手は社会人なので、大人の人と出会えればという期待がありました。

 

 

友人の同僚は確かに社会人で大人の方々でしたが・・・一般的にいうと、モテないタイプの人ばかり。

 

 

到着した途端帰りたくなりました。

 

そうは言っても、人は顔や見た目だけで判断できないと思ったので、お酒を飲みながら話をしていたのですが「俺どう?」とアピールばかり。

 

どう?って言われても、今日初めて会ったばかりだし対して話もしていないから、面白い人かどうかもわからないし、ものすごく困りました。

 

合コンの合間に、誘ってきた友達に、どうしてこんなメンバーなの?ちっとも楽しくないし帰りたいと話しました。

 

すると、お前の年齢の若い子とどうしても飲みたいんだと言われて断り切れなかったと。

 

 

友達の職場での立場もあるだろうからと思いその日は我慢することにしました。

 

相手の方々は社会人だし、30手前の男性なので、飲み代も少しはおまけしてくれると思いきやなんと完全な割り勘。

 

しかも、友達の車で送ってもらうつもりでいたようで、当然のように車に乗り込んできました。

私は初めから友達に送ってもらう予定でいたので、仕方ないので一緒の車に乗って帰ったのですが車中では大いびきで爆睡。

 

私の家に到着して降りようとしたら、なぜかその人も降りようとして「家によっていいよね?」と冗談でしょ?

 

無理ですと言うと、逆ギレ。

 

しかも、舌打ちまでされました。

 

いったいどういうつもりだったんでしょう。

 

この合コンをきっかけに、その友達からの合コンの誘いはすべて断るようになりました。

 

参加する人がどういう人なのかは初めにしっかり確認しないとダメですね。

 

 

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓