【無料】人をダメにするちょいブスのネタバレ※過激なエロシーンあり、観覧には注意してください。

人をダメにするちょいブスの「無料ネタバレ」

目隠しをされた過激なブスの白い首筋に男の舌がねっとりと這う。

「やだ……っ、や、嫌……!」

 

 

【人をダメにするちょいブス】

最終話

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

ママ友と下ネタトークをした時に感化されました。うちの夫婦なんてもう何年もレスで、やり方も忘れたわ~と言ったら、あるおとなしめのママがきょとんとしたんです。

 

信じられないって顔するのが恥ずかしくて、え~アラフォーでまだまだお盛ん?週に何回よ?とからかうと、なんと4回だって。

 

 

顔真っ赤にしていうからこっちが触発されてしまい、久しぶりにエッチな気分になってしまいました。あんな地味でおとなしいママがやっているんだから私でもまだまだって対抗心がでて、その夜夫を襲ってしまいました。

 

いきなりの私のエッチモードに夫も初めは慌てていましたが、押さえつけるような格好で始めた執拗なフェラに観念したのか、徐々にその気になってきて私の陰部をまさぐり、指を出し入れしつつフェラに感嘆の声を上げ始めたんです。

 

何年も聞いていなかった夫の喘ぎ声に私まで濡れてきてしまい、そうだった、夫はこういう声で鳴く人だったと思い出したんです。

もっと鳴いてほしいと私は必死でおっとの陰部をしゃぶりつくし、自分の下半身をぐしょぐしょに濡らしました。

 

もう、、、と夫が私を抱き起して我慢できない感じで押し込んできたんです。

 

久しぶりの夫の陰部は大きくて固くて私は一瞬で行ってしまいました。ママ友に感謝です。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

細い腰を掴んで一気に貫くと、意識が飛んだらしくぐったりとなったが、構わず奥を突き上げる。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画のネタバレとあらすじ

 

まだ夫と付き合っていた頃クリスマスイヴの日は一緒にお店でごはんを食べてからラブホテルで2人で過ごしていました。

 

 

クリスマスイヴは大イベントな事もあり楽しみにしていましたし、クリスマスイヴのために下着もクリスマス限定のちょっとエロい物を夫には内緒で身につけていました。

 

 

夜ご飯を食べてからお店を出て車でラブホテルに向かいました。

 

 

お互いクリスマスイヴだしルンルンでした。私がお風呂に入りたくて夫と一緒にラブホテルでお風呂に入ったのでその時点で新しく買った下着を見られてしまいました。

 

 

ちょっとエロい下着だったので夫は、ムラムラが余計我慢できなくなりその場で胸を舐められたりキスされました。

 

 

一緒にお風呂に入っているとまた夫が興奮し始めて「口でいかせて」と私に頼んできたのでお風呂の中でしたが舐めたり口の中で上下させていかせました。

 

 

2人でお風呂から上がり、夫が私をベッドまで連れていき「もう抱きたい」と私に伝えてきたので部屋を少し暗くしようとしたら、ラブホテルの電気のリモコンにピンクの電気のモードがあり夫は、「今日はイヴだし」と言ってピンクの電気モードにしたので部屋中がピンクになり、エロいムードがより強くなりますます夫は興奮していました。

 

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

高校生の頃に付き合っていた彼氏と夏休み中に夏祭りデートに行く約束をしていたので初めて浴衣を買って着付けをしてもらい夏祭りの日に一応私服も持って彼と待ち合わせをして夏祭りに行きました。

 

 

夏祭りのデートなんてしたことなかったのでウキウキしていました。初めてみる私の浴衣姿を彼は「可愛いね」と褒めてくれて手を繋ぎながら出店などを楽しみ2人で花火を見上げて彼がキスをしてくれました。

 

 

夏祭りが終わり帰ろうとして彼が途中まで私を家に送ろうとした時に彼が私を抱きしめてくれて「まだ一緒にいたい帰らないで」と囁かれたので時間もまだ早いし、彼と手を繋いで彼の自宅に行きました。

 

 

彼の親と少し話してから彼の部屋に行きベッドでゆっくりしていました。

 

 

彼と夏祭りの話などをしていると「今日浴衣姿可愛くてもっと一緒にいたくなった」と彼から伝えられて私をじっと彼は見つめキスをされました。

 

 

その流れで部屋を暗くされて浴衣を少しずつ脱がされなんとも淫らでした。

 

 

浴衣での性行為はお互い初めてだったので私も彼もいつも以上にムラムラしていてすでに彼の性器からはうっすら液が出ていました。

 

彼がもうすぐにでも挿入したいぐらい気持ちが高まっていたので、挿入されお互いを求めい満たされました。

 

 

 

このマンガは恋愛エロ物語だと思います。

 

主人公の少年は、変態な能力を使えます。

 

 

家族もみんな使えます。超能力一家なんです。

 

 

超能力が、バレるたびに春日家は転居を繰り返していました。

 

 

ある日、少年は石段を登っていると麦わら帽子が飛んできました。

 

 

少年は、それを超能力でキャッチします。

 

 

持ち主は、大人びた少女。

 

 

少年は、その子と、ちょっとだけ仲良くなります。

 

 

そして、一目ぼれしてしまいます。

 

でも結局、誰かわからないままでした。

 

 

転校先の学校へ行くと、そこには、あの麦わらの少女がいました。

 

 

でも、その少女は不良少女だったんです。

 

 

学校で、その不良少女は、少年に冷たい態度をとりました。

 

 

少年は戸惑いました。

 

 

ある日、少年は、体育館で一人バスケをやっていました。

 

 

先日の試合で超能力を使えば簡単だったのに、その力を使わずに失敗したのです。

 

 

そのくやしい思いを感じながら、こんなのは超能力さえ使えば、簡単に入れられると、超ロングシュートを、決めたのです。

 

 

少年は、まわりに誰もいないと思ってシュートをしたのですが、実はそれを見ていた女の子がいました。

 

 

不良少女の妹分の女の子です。

 

 

その子は、一瞬で少年に恋してしまいました。

 

 

それから、少年と不良少女と妹分の三角関係が、始まるのです。

 

この複雑な関係になってしまった3人の心の動きが、このマンガの軸です。

 

 

特に不良少女の気持ちがとても気になります。

 

素直になりたいけど素直になれない。

 

そんな、エッチな心理状態を楽しめるマンガです。

 

 

 

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

これは、本屋で体験したエッチな体験談です。

 

 

ある日、私は、家族に頼まれて本屋に週刊誌を買いに行きました。

 

 

「いま、外出する気分じゃないんだけどな」そんな事を考えながら、店内に入りました。すると、店内はガラガラです。

 

 

 

今にも潰れそうな小さい本屋ですから、そんなものです。

 

 

私は、さっそく週刊誌を探しました。

 

 

「え~と、あった、あった」さっそく週刊誌を手に取ってレジのほうに行こうと思いました。その時です、「おぎゃあ、おぎゃあ」小さな声ですが、赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきました。どうやら、お母さんと、赤ちゃんがいるようです。

 

 

 

お母さんは、小型の横長のベンチに座っています。

 

 

 

「もしかして、おっぱいあげてるのかな」

 

私は、そっと見てみました。

 

 

残念ながら、おっぱいは、あげていないようです。

 

 

私は、そのままお母さんの前を通り過ぎました。

 

 

その時です、お母さんのおっぱいが見えそうな事に気づきました。

 

 

 

ポロシャツの胸が全開というか、ガバガバなんです。

 

 

しかも、ブラをつけていない感じです。

 

 

私は、目をこらして全神経を集中しました。

 

 

 

しかし、角度的にギリギリ乳首が見えない。

 

 

本当に、ギリギリ見えないんです。

 

 

そりゃ、覗き込めば見えますよ。

 

 

でも、ギリギリ見えないんです。

 

 

その後、もう一回だけ、チャレンジしてみましたが、結局、無理でした。

 

すごい、歯がゆい気分で家に帰りました。

 

 

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓